「楽しさ」は、走り続ける先にある。

Keep Running
INTERVIEW
業務改革室
Y.M

自分自身の「やりがい」を、
会社の成長に活かす

入社の決め手は、会社が2013年に設立したばかりだったので、スターティングメンバーとして、この会社の成長に貢献していけるところに魅力を感じたからです。リース業務は未経験でしたが、前職では金融系システムの構築に携わっていたということもあり、これまでの自分の経験が活かせると思いました。まだ若い会社なので、社内インフラや業務の効率化といったところで、まだまだ改善していけるところは沢山あり、やり甲斐を持って仕事に取り組めています。

現在は、主にシステム関連の業務に携わり、システム企画・ベンダーコントロール・ヘルプサポートなどを行っています。社員から業務上の課題や要望のヒアリングを行いシステム化の検討をします。内容により導入するシステムの規模は様々ですが、ちょっとした業務改善の依頼があった場合は、自分自身で簡易ツールを作成し納品することもあります。また、規模の大きいものになりますとベンダーにシステム開発の依頼を行い、細かな仕様を共に決めていきます。その後、導入テストやマニュアルの作成、社員への概要・操作説明会を行い、導入に至ります。

業務効率化の達成を間近で
実感できる喜び

システムの仕事というとパソコンと向き合っているイメージが強いですが、業務改善を図る上で社員の要望や課題を的確に捉えていくにはコミュニケーションがとても重要な仕事だと思っています。システムは全社員が日々利用しますので、各部署の様々な担当者や業務に携わることができますが、一方で、自分の仕事の成否によって業務の進行に影響を与えてしまうため緊張感があります。その分、システムがうまく機能して業務の効率化ができた時の達成感は大きいです。また、それを間近で実感できるところが魅力的だと思います。

グループ会社との共有システムのリニューアル対応があったのですが、そこでシステムの改修からグループ会社への概要説明までを一貫して担当させてもらったことが、一番印象に残っている仕事です。当時、社外研修で習得してきたばかりのシステム技術でまだ不慣れだったことに加え、失敗すると社内だけでなくグループ会社の業務にまで影響が出てしまうため必死でした。リリース当日は勿論、その後一週間くらいは不具合が起きないか心配でしたが、結果的に何事もなく稼働させることができました。プレッシャーもありましたがとても満足いく活動ができました。

自分を見つめ直し、
仕事に「楽しさ」や「やり甲斐」を
見いだす

実際に社会人になり働きだすと、学生時代にイメージしていたこととギャップがあり、思い描いていた仕事ができなかったり、失敗したり上手くいかずに辛い思いをすることが多々あります。しかし、そのような状況の中でも、担当する仕事に「楽しさ」や「やり甲斐」を見付けることができれば、どのような会社や職場であろうと、自分の考え方や価値観に沿って働くことが出来ると思います。そうした意味では、「どのような仕事をするか」よりも「どのように仕事をするか」を心掛けていくことが大切だと思います。

入社したい企業の分析も大事ですが、人生を決める上で大きな分岐点となるので、まずは自分自身を見つめ直すことが大切だと思います。納得のいく就職活動ができるように頑張って下さい!

PAGE TOP